新インストラクターのご紹介

 IMG_9576

この度、ワールドフットボールアカデミー(WFA)の新しいインストラクターとして、相良 浩平氏が仲間入りしましたのでご紹介致します。

 

過去のWFAジャパン主催「サッカーのピリオダイゼーション」セミナーを受講された方々には、オランダ人講師 レイモンド・フェルハイエン氏の通訳を務めさせて頂きましたので、既にご存知の方も多いかと思いますが、現在はオランダの Sport Medisch Centrum Amsterdam にて日本人フィジオセラピスト/マスターマニュアルセラピストとして活躍する傍ら、2009年9月から始まったレイモンド・フェルハイエン氏の講習「Het Periodiseren van Voetballen(サッカーのピリオダイゼーション)」第一号の受講者の中で唯一の日本人として参加。

その後、オランダ3部リーグ「V.V. Ijsselmeervogels(アイセルメアフォーヘルス)」にて、アシスタントコーチとして「サッカーのピリオダイゼーション」を積極的に採用。2010/11年シーズンではリーグ優勝に貢献。2015/16シーズンより、ジュピラーリーグ(オランダ2部リーグ)に所属する「Sparta Rotterdam」のトップチームのフィジオセラピストとして活動しています(2015/16シーズン 2部リーグ優勝、現在はエールディビジ)。

これまでの活動や実績が認められ、この度、WFA公認「サッカーのピリオダイゼーション」インストラクターに正式に認定されました。今後、WFAジャパン主催の「サッカーのピリオダイゼーション」ベーシックコースは、日本人唯一のピリオダイゼーションスペシャリストとして相良 浩平氏に講師を務めて頂きますので、引き続きWFAジャパンの活動にご注目下さい(アドバンスコース、スペシャリストコースは、引き続きフェルハイエン氏が講師を務めます)。

 

【 相良 浩平(さがら こうへい)氏 プロフィール 】

フィジオセラピスト / マスターマニュアルセラピスト / ピリオダイゼーションスペシャリスト

2003年筑波大学体育専門学群卒業後、渡蘭。2004~09年FCユトレヒト・ユースアカデミートレーナーを 経て、2008年にフィジオセラピストのライセンスを取得。2010年から「V.V. Ijsselmeervogels」でピリオダイゼーションスペシャリストとして活動を開始し、2010/11〜2014/15シーズンの間にオランダアマチュアカテゴ リーの全タイトル獲得に貢献。2011年にはWorld Football Academy Japan(WFA Japan)の設立に努め、2014年以降「サッカーのピリオダイゼーション」ベーシックコースで講師を務める。スパルタ・ロッテルダムトップチームのフィジオセラピストとなった2015/16シーズンでの2部リーグで優勝/昇格を経て、現在はエールディビジ(1部リーグ)に所属する同チームで活動している。