ワールドフットボールアカデミー(WFA)は、2009年にレイモンド・フェルハイエン氏によって設立されました。そして、フース・ヒディンク氏がWFAのアンバサダー(名誉大使)を務めています。

アンバサダーの役割は、現在のトレーニング方法などサッカーに関連したさまざまな事柄に関して、アドバイスを提供することです。また、アンバサダーはWFAが誇る様々な分野のインストラクターのサポート役も務めます。インストラクターは、さまざまな専門分野におけるサッカー特有の知識の育成を進める中で、WFAのアドバイザーとしての役割を果たします。