Expert_MikaelKuijpersオランダを中心に世界各国、数多くのチームで実績を残してきたオランダ人フィジオセラピスト

 

サッカーリハビリテーションのエキスパートして、1998年から2010年までオランダのトップクラブ「フェイエノールド」で活動。その間、レイモンド・フェルハイエンと共に「サッカーのリハビリテーションピリオダイゼーション」理論を発展させ、フェイエノールドアカデミーのKNVB(オランダサッカー協会)育成部門最優秀賞受賞に貢献。

以降、オランダU-17代表チーム(W杯2009)、韓国代表チーム(W杯2010)、そして故ガリー・スピード氏率いるウェールズ代表でフィジオセラピストして各国代表チームの躍進を支える。

その後、2011年にはロッテルダムにオランダサッカーリハビリセンターを設立し、ワールドフットボールアカデミーでは、サッカーに特化した理論を構築するメディカル部門の責任者として活動している。