サッカークリニックの記事をご覧頂けます!

cover_l  

今年の5、6月と2号に渡ってサッカークリニックにご掲載頂きました、1月に開催致しました「サッカーのピリオダイゼーション」セミナーの際のインタビュー記事を、この度、編集部の許可を得てPDFにてご覧頂けることになりました。共に、上半分が同理論の考案者であるフェルハイエン氏、下半分がベーシックコースで講師を務める相良氏と豪華なWインタビュー記事となっております。

次回の「サッカーのピリオダイゼーション」セミナーもすでに開催が決定し、先週より受講お申し込みを開始しております。こちらをご覧になって同理論にご興味をお持ちになられた方、フェルハイエン氏の話を聞いてみたいという方は、以下よりお申し込み下さいませ。

 

2015年度「サッカーのピリオダイゼーション」セミナー 詳細・お申し込みはこちら

 

尚、8月に開催致しました、マルセル・ルーカセン氏のインタビュー記事につきましても、サッカークリニックの11月販売号から3号連続でご掲載頂けるようですので、こちらもお楽しみに。

 

≪ サッカークリニック (ベースボール・マガジン社) 掲載 ≫

【 6月号(2014年5月7日 発売) サッカーのピリオダイゼーション理論・前篇 】
『ピリオダイゼーション自体を必要以上に重視すべきではない』  PDF記事はこちら
【 7月号(2014年6月6日 発売) サッカーのピリオダイゼーション理論・後篇 】
『ピリオダイゼーションでは、「全員が同じ練習」とは考えない』  PDF記事はこちら