2018-19年度 ワールドフットボールアカデミー日本開催コース 受付開始!

 

“A GROUND BREAKING APPROACH THAT CAN BENEFIT ANYONE WHO LOVES THE GAME.”  Guus Hiddink

“サッカーを愛する全ての指導者に通じる革新的アプローチ”  フース・ヒディンク

“The behavior of the coach is his number one coaching tool. If the coach wants his players to behave in a certain way, the coach should behave in that way himself.”  Raymond Verheijen

“コーチングの最大の武器は指導者自身のサッカーに対する姿勢。選手に対して求めることは、まず指導者が実践してみせるべきです”  レイモンド・フェルハイエン

 

ワールドフットボールアカデミー日本開催コースは、指導者の成長速度を最大限に促すことを目的としています。多くの新しい情報や知識を得るだけでなく、全てのコースを通して受講者が『より良い指導者になること』を目指した講義が行われます。

 

 

選手の力を伸ばしてあげたい時、指導者は選手がチャレンジできる状況や環境を作り、選手がその状況に対応できるよう導いていきます。つまり、選手がコンフォートゾーン(ぬるま湯)の外に出る環境を作るのです。選手がそのような環境で受ける刺激は”オーバーロード”と呼ばれます。

現在、世界中で指導者教育に携わるワールドフットボールアカデミーの代表レイモンド・フェルハイエン氏は、これと同様の方法で指導者の育成を行なっていることで知られています。1日のコースの中で、フェルハイエン氏は講義室を指導者自身がチャレンジし、成長速度を高めることができる”オーバーロードのロッカールーム”にしてしまいます。

世界中で発信されている理論を詳しく伝えるというだけでなく、書籍やインターネットでの情報だけでは得られることのないこうした“体験”を、ワールドフットボールアカデミー日本開催コースでは提供しています。指導者と選手の成長、そしてチームのパフォーマンスを最大限に高めるために必要な『Know – How』を、今年度は以下の開催コースを通してぜひ身につけてください。

 

* レイモンド・フェルハイエン氏の著書「サッカーのピリオダイゼーション Part 1」日本語版をコース当日にお受け取り頂ける事前予約販売も行っております。本年度のコースを受講される方で、購入をご希望される方は、こちらをご覧頂き事前にお申し込みくださいませ。

 

主催 : ワールドフットボールアカデミー・ジャパン  J-DREAM

共催(茨城開催コース): ワールドフットボールアカデミー・ジャパン  (公財)茨城県サッカー協会

協力(エキスパートコース、サッカー論): 帝京科学大学

協力 : 株式会社イースリー   賛同 : オランダ政府観光局

 

講師 : Raymond Verheijen レイモンド・フェルハイエン    通訳 : 石井 健太郎

講師(サッカーのピリオダイゼーション): 相良 浩平

 

 2018-19年度 ワールドフットボールアカデミー日本開催コースのフライヤーはこちら → 

 

【コース内容・セミナー日程】

サッカーのピリオダイゼーション Football Periodisation

『サッカーのピリオダイゼーション』は、全てのトレーニングで最大限の効果を得るためのトレーニングの計画方法です。1年間を通して、全選手が疲労を蓄積させることなく全試合で100%の力を発揮するために考えられた、サッカーの根本的性質に基づく理論です。

過去7回の日本開催で、アマチュアクラブからJリーグ、日本代表チームまで延べ2,500名以上のサッカー関係者にご受講頂いており、日本ではガンバ大阪トップチームが2013年シーズンから正式採用し、2013年J2優勝、2014年J1、カップ戦、天皇杯と国内3冠を達成(現在はFC東京スタッフ)。鹿島アントラーズも2016年よりトップチームが正式採用し、同年のJ1と天皇杯の国内2冠。更にはFIFAクラブW杯にてアジア勢としては初となる決勝進出を果たすなど、現在では数多くのJクラブ(FC東京、大分トリニータ、大宮アルディージャ他)、社会人チーム、大学(筑波大学、関西学院大学、大阪体育大学他)、高校チームで取り入れられるようになりました。

パフォーマンスアップと障害予防をサッカースペシフィックなアプローチで実現させ、世界中で実績を残している『サッカーのピリオダイゼーション』の知識は、指導者ライセンス取得の際の必須科目となっている国もあるほど、サッカーのコーチであれば誰もが知っていなければならない試合やトレーニングのプランニングの考え方ですので、次世代のサッカー界を担っていく指導者、フィジカルコーチ、メディカルスタッフの皆様にぜひ知って頂きたい理論です。

ベーシックコースでは、ワールドフットボールアカデミーの全てのコースの基盤となる「Football Analysis(サッカーの分析)」のご説明から始まり、ピリオダイゼーションの中でも、特に「サッカーコンディショニングトレーニング」に重点を置いてご紹介させて頂きます。

アドバンスコースは、ベーシックコースで紹介した原理・原則を具体的にプランニングしていく方法をご紹介する、より実践的なコースです。

< ベーシックコース Level 1 >

1) Football Analysis サッカーの分析
2) Football Performance サッカーのパフォーマンス
3) Football Fitness サッカーフィットネス
4) Football Conditioning Exercises サッカーコンディショニングトレーニング

12月25日(火) 13時~16時 <茨城・ケーズデンキスタジアム水戸>  お申し込み
12月27日(木) 09時30分~12時30分 <東京・筑波大学(東京キャンパス)>  お申し込み
12月29日(土) 09時30分~12時30分 <大阪・J-GREEN堺>  お申し込み

 

< ベーシックコース Level 2 >

5)  Football Periodisation Model サッカーのピリオダイゼーションモデル
6)  Principles of Football Periodisation サッカーのピリオダイゼーションの原則

12月25日(火) 17時~20時 <茨城・ケーズデンキスタジアム水戸>  お申し込み
12月27日(木) 14時~17時 <東京・筑波大学(東京キャンパス)>  お申し込み
12月29日(土) 14時~17時 <大阪・J-GREEN堺>  お申し込み

 

< アドバンスコース >

1)  Training Methods (1) トレーニングメソッド(1)
2)  Training Methods (2) トレーニングメソッド(2)
3)  Team Periodisation (1) チームピリオダイゼーション(1)
4)  Team Periodisation (2) チームピリオダイゼーション(2)

12月26日(水) 13時~20時 <茨城・ケーズデンキスタジアム水戸>  お申し込み
12月28日(金) 09時15分~17時 <東京・筑波大学(東京キャンパス)>  お申し込み
12月30日(日) 09時15分~17時 <大阪・J-GREEN堺>  お申し込み

 

*「ベーシックコース Level 1」→「ベーシックコース Level 2」→「アドバンスコース」の順序にてご受講頂く必要がございますので、お間違えのないようお願い致します(同年での複数受講は可能)

* 過去に日本で開催された「イントロダクションセミナー」「ベーシックセミナー」を受講された方は「アドバンスコース」へお進み下さい

 

ワールドフットボールアカデミーエキスパートコース

当エキスパートコースは、過去日本で開催されたワールドフットボールアカデミー主催の最上級コース、スペシャリストコースまでを全て修了され、サッカーを原点にした客観的で普遍的なサッカー論をご理解頂いた、その後日本サッカー界の各分野で活躍をされているスペシャリストの皆様に、これまでの理論の更なるアップデートや、次世代のサッカー指導に求められる新たな理論をご紹介させて頂くコースです。

1)  Football evolution model : Reference Thinking サッカーの進化モデル:レファレンス思考
2)  Football evolution model : Situational Coaching サッカー進化モデル:シチュエーショナルコーチング
3)  Football evolution model : Reference Coaching サッカー進化モデル:レファレンスコーチング
4)  Presentation Guest Speaker / Discussion ゲストスピーカーによるプレゼンテーション/ディスカッション

1月2日(水) 13時~19時30分 <東京・帝京科学大学>  お申し込み

 

* 来年度以降は、過去スペシャリストコースまでを修了された方以外に、ワールドフットボールアカデミーの再編に伴い本年度より新設されました以下WFA世界共通1日コースのうち、いずれかの5コースを修了された方に参加資格が与えられます

・Football Periodisation サッカーのピリオダイゼーション *アドバンスコース*
・Football Theory サッカー論
・Football Tactics サッカーの戦術トレーニング
・Youth Academy Periodisation 育成年代のピリオダイゼーション
・Football Braining サッカー心理学

・Football Insight サッカーインサイト *来年度開催予定*
・Football Technique サッカーテクニック *来年度開催予定*

 

サッカー論 Football Theory

この「サッカー論」のコースでは、サッカーの根本的性質に基づいた客観的で普遍的なサッカーの原理や原則を、サッカー言語を用いてレイモンド・フェルハイエン氏がご紹介します。同コースでは、受講者の皆さまがこうした知識を身につけることで、より明確で、一貫したコーチングを行うことができるようになることを目的としています。そうした指導を実践していくことで、スタッフ間のコミュニケーションを円滑にし、選手がトレーニングの意図をより理解しやすくなるはずです。「サッカー論」は、指導者としてまず知っておくべき客観的且つ普遍的な理論です。

1)  Football philosophy サッカー哲学
2)  Communication – Tactics コミュニケーション – 戦術
3)  Decision making – Game Insight 状況判断 – 状況認識
4)  Executing decisions – Technique 判断の実行 – テクニック

1月3日(木) 10時15分~18時 <東京・帝京科学大学>  お申し込み

 

サッカーの戦術トレーニング Football Tactics

サッカーのアクションは、コミュニケーションから始まります。サッカーで言う戦術のトレーニングとは、選手間のコミュニケーションを明確にし、味方同士の共通した状況認識を促すことです。同コースでは、レイモンド・フェルハイエン氏が「戦術トレーニング」とは何(What)であり、どのように(How)行うものかについてご紹介します。講義の中で、いかなるトレーニングであっても、各ポジションにおける選手同士のコミュニケーションがスターティングポイントであることの重要性と、そのトレーニングがどのように行われるかを説明していきます。

1)  Principles of communication コミュニケーションの原則
2)  Communication is foundation of tactical exercises 戦術トレーニングの基盤となるコミュニケーション
3)  Methodology within tactical exercises 戦術トレーニング方法論
4)  Developing methodology within tactical formations 各フォーメーションごとの戦術トレーニングの発展方法

1月4日(金) 10時15分~18時 <東京・全水道会館>  お申し込み

 

* 2011年度「サッカーのピリオダイゼーション イントロダクションセミナー」、2012年度「サッカーのピリオダイゼーション ベーシックセミナー」、または「サッカーのピリオダイゼーション ベーシックコース Level 2」「サッカー論」を修了された方のみ受講可能なコースとなっております(同年での複数受講は可能)

 

育成年代のピリオダイゼーション Youth Academy Periodisation

育成年代のトレーニングでは、ピッチサイズや選手の人数、学校での活動や身体の成熟速度など、様々な外的要因が存在します。同コースでは、そうした特有の外的要因がある育成年代で、どのようにしてサッカーのピリオダイゼーションの原則を適用させるかについて、レイモンド・フェルハイエン氏がご紹介します。コース内では、特に成長期に生じる問題、トーナメントによる過密日程、スカウト方法、ユース年代からのトレセンやナショナルチームでの活動といった要因を取り上げ、その対応の仕方を説明していきます。

1)  Growth Spurt Periodisation – Longitudinal scientific study 成長期のピリオダイゼーション – 長期的調査に基づいて
2)  Youth Academy Periodisation – International case study 育成年代のピリオダイゼーション – ケーススタディを用いて
3)  Country specific characteristics in youth football 日本特有の育成年代の問題
4)  Developing youth football periodisation 育成年代のピリオダイゼーションの構築

1月5日(土) 10時15分~18時 <東京・筑波大学(東京キャンパス)>  お申し込み

 

* 2011年度「サッカーのピリオダイゼーション イントロダクションセミナー」、2012年度「サッカーのピリオダイゼーション ベーシックセミナー」、または「サッカーのピリオダイゼーション ベーシックコース Level 2」「サッカー論」を修了された方のみ受講可能なコースとなっております(同年での複数受講は可能)

 

サッカー心理学 Football Braining

フットボールブレイニング( = フットボール・ブレイン・トレーニング)は、サッカーに特化した心理学です。同コースでは、サッカー選手の心理的な側面に対してより的確にコーチングするためのツールと、サッカーのトレーニングの中で選手(の脳 / 思考)にオーバーロードを与える方法について、レイモンド・フェルハイエン氏が様々なレファレンスを用いてご紹介します。フットボールブレイニングは、カテゴリーやレベルにかかわらず、指導者がサッカーのトレーニングに最新の脳科学を適用する方法について学ぶことができるコースです。

1)  Thinking reference 思考の論理的構造
2)  Football thinking reference サッカーにおける思考の論理的構造
3)  Coaching football thinking reference (1) コーチングにおける思考の論理的構造(1)
4)  Coaching football thinking reference (2) コーチングにおける思考の論理的構造(2)

1月6日(日) 10時15分~18時 <東京・筑波大学(東京キャンパス)>  お申し込み

 

* 2011年度「サッカーのピリオダイゼーション イントロダクションセミナー」、2012年度「サッカーのピリオダイゼーション ベーシックセミナー」、または「サッカーのピリオダイゼーション ベーシックコース Level 2」「サッカー論」を修了された方のみ受講可能なコースとなっております(同年での複数受講は可能)

 

【受講お申し込み締め切り日】 2018年12月16日(日)

* 早期お申し込み割引あり : 2018年11月25日(日)まで
* 会場収容人数の都合により、定員に達した時点で受付終了とさせて頂きますこと予めご了承願います
* 締め切り後に受講お申し込みを受け付ける場合もございますが、修了証がデジタルでのお渡しとなる可能性がございます

 

【セミナーに関するお問い合わせ先・取材受付】

ワールドフットボールアカデミー・ジャパン事務局 川合宛て info@worldfootballacademy.jp

 

【メディア掲載】

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2018年1月25日 掲載 ≫

【 サッカーの心理学から紐解く。選手が『無意識』に良いプレーを実行できるようになるコーチングとは? 】

http://coachunited.jp/column/000732.html

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2018年1月26日 掲載 ≫

【 「俺が選手の頃はこうだった」で壊されるタレントたち。客観的なレファレンスを用いた指導の重要性 】

http://coachunited.jp/column/000733.html

 

≪ footballista(フットボリスタ)web  2017年6月12日 掲載 ≫

【 「サッカーでランニングは無駄」Jにも上陸。欧州を変えた新理論 】

「サッカーのピリオダイゼーション理論」考案者レイモンド・フェルハイエン独占インタビュー

https://www.footballista.jp/interview/34959

 

≪ Yahoo! Japan ニュース 掲載 ≫

【 チェルシーレディースが2冠を達成したトレーニングメニューを公開!(1)(2017年1月7日)】

http://bylines.news.yahoo.co.jp/matsubarakei/20170107-00066238/

【 チェルシーレディースが2冠を達成したトレーニングメニューを公開!(2)(2017年1月7日)】

http://bylines.news.yahoo.co.jp/matsubarakei/20170107-00066235/

【15日間で4試合。ハードスケジュールを勝ち抜いたマネジメントとは?(2017年1月8日)】

http://bylines.news.yahoo.co.jp/matsubarakei/20170108-00066239/

【女子選手に特有のコンディションの変化とケガ対策(1)(2017年1月8日)】

http://bylines.news.yahoo.co.jp/matsubarakei/20170108-00066367/

【女子選手に特有のコンディションの変化とケガ対策(2)(2017年1月8日)】

http://bylines.news.yahoo.co.jp/matsubarakei/20170108-00066369/

【ヨーロッパ女子クラブの発展と近年の世界大会に見る、女子サッカーのトレンド(1)(2017年1月9日)】

http://bylines.news.yahoo.co.jp/matsubarakei/20170109-00066237/

【ヨーロッパ女子クラブの発展と近年の世界大会に見る、女子サッカーのトレンド(2)(2017年1月9日)】

http://bylines.news.yahoo.co.jp/matsubarakei/20170109-00066236/

 

≪ サッカークリニック (ベースボール・マガジン社) 掲載 ≫

【 12月号(2016年11月5日 発売) サッカーのストレングス・トレーニング講座 】

『 必要な動きを徹底的に分析し、フットボーラーの体をつくる 』

https://www.fujisan.co.jp/product/5776/b/1433196/

 

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2016年9月2日 掲載 ≫

【 サッカーのアクションに必要なストレングス(筋力)トレーニングとは? / WFAセミナーレポート 前編 】

http://coachunited.jp/column/000618.html

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2016年9月7日 掲載 ≫

【 陸上競技のトレーニングがサッカーのプレー向上に直結するとは限らない / WFAセミナーレポート 後編 】

http://coachunited.jp/column/000619.html

 

≪ スポーツナビ 2016年7月10日 掲載 ≫

【 「サッカーアクション」の質を上げる方法 動きを分解し、トレーニングに生かす 】

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201607080001-spnavi

 

≪ サッカークリニック (ベースボール・マガジン社) 掲載 ≫

【 6月号(2016年5月6日 発売) 「正しいコンディショニングの確立法」レイモンド・フェルハイエン スペシャルインタビュー 】

『 戦術面がコンディショニング・トレーニングの質を決める。考え方の順序を誤ってはいけない 』

https://www.fujisan.co.jp/product/5776/b/1370761/

 

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2016年2月2日 掲載 ≫

【 サッカーの状況において脳をトレーニングする『フットボールブレイニング』とは? 】

http://coachunited.jp/column/000545.html

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2016年2月3日 掲載 ≫

【 戦術の定義とは「選手同士がコミュニケーションをとるためのツール」である 】

http://coachunited.jp/column/000546.html

 

≪ Yahoo! JAPAN ニュース 2016年1月12日 掲載 ≫

【 <ガンバ大阪>走り続けた2015シーズン。 激戦を支えたコンディショニングの成功。】

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takamuramisa/20160112-00053345/

 

≪ スポーツナビ 2015年12月11日 掲載 ≫

【 フィットの質にこだわったリハビリの必要性 フェイエ・ユースアカデミーの成功例 】

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201512100008-spnavi

 

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2015年3月31日 掲載 ≫

【 いまこそ『生まれ月』の誤解を解く/「ユース年代のピリオダイゼーション」レイモンド氏ウェビナーレポート 前編 】

http://coachunited.jp/column/000400.html

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2015年4月1日 掲載 ≫

【 「すべての指導者、保護者に告ぐ。」/「ユース年代のピリオダイゼーション」レイモンド氏ウェビナーレポート 後編 】

http://coachunited.jp/column/000401.html

 

≪ サッカークリニック (ベースボール・マガジン社) 掲載 ≫

【 4月号(2015年3月6日 発売) 特別対談 反町康治(松本山雅FC・監督) × レイモンド・フェルハイエン(コンディショニングコーチ) 】

『Jリーグの指揮官とコンディショニングの第一人者が語る(前編)』

http://www.sportsclick.jp/magazine/soccerclinic/1504/index.html   掲載記事はこちら

≪ サッカークリニック (ベースボール・マガジン社) 掲載 ≫

【 5月号(2015年4月6日 発売) 特別対談 反町康治(松本山雅FC・監督) × レイモンド・フェルハイエン(コンディショニングコーチ) 】

『Jリーグの指揮官とコンディショニングの第一人者が語る(後編)』

http://www.sportsclick.jp/magazine/soccerclinic/1505/index.html

 

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2014年12月9日 掲載 ≫

【 サッカーのピリオダイゼーション③ 】

http://coachunited.jp/column/000317.html

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2014年11月27日 掲載 ≫

【 ユース年代識者・川端氏が見た「ユース世代のサッカーのピリオダイゼーション」】

http://coachunited.jp/column/000306.html

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2014年11月12日 掲載 ≫

【 サッカーのピリオダイゼーション② 】

http://coachunited.jp/column/000291.html

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2014年10月23日 掲載 ≫

【 最高のパフォーマンスを引き出す『ピリオダイゼーション』】

http://coachunited.jp/column/000276.html

 

≪ COACH UNITED (株式会社イースリー) 2014年2月18日 掲載 ≫

【 世界中で起こっているサッカー界最大の失敗は「トレーニングのしすぎ」】

http://coachunited.jp/column/000067.html