ワールドフットボールアカデミー(WFA)は、世界のサッカー界を牽引する多くの重要人物の協力の下、レイモンド・フェルハイエン が代表となり進められてきた取り組みです。

WFAアンバサダーを務めるのは、世界中から尊敬を集め、現在最も成功したコーチの一人、フース・ヒディンク です。

アンバサダーの役割は、現在のトレーニング方法などサッカーに関連したさまざまな事柄に関して、アドバイスを提供することです。

そして、WFAの講師たちがアンバサダーのサポート役を務めます。講師のメンバーは、さまざまな専門分野におけるサッカー特有の知識の育成を進める中で、WFAのアドバイザーとしての役割を果たします。