選手のリカバリーに影響を与えているものとして、短期間に選手がプレーしなければならない試合数、試合時間等に加え、気候の変化、移動時間、トレーニングの頻度や強度など様々な要素があげられます。


これまでリカバリーに関しては、トレーニング後や試合後ばかりが注目されていましたが、プレトレーニング、つまりトレーニング前の時間に目を向けることで、リカバリープロセスをさらに向上させることが出来ます。

予防は治療に勝る

トレーニングや試合後、選手の身体を疲労からより早く回復させ、素早く再生させるための、トレーニングや試合前に実施できるシンプルで効果的なエクササイズをご紹介します。

栄養

リカバリー過程の効率を高めるために、トレーニングや試合の最中、そしてその前後の栄養摂取の効果的な方法をご紹介します。

ハイドロセラピー

選手の体組成やポジションの特徴に基づいて、リカバリーのプロトコルやタイミングを個別化する方法をご紹介します。

代替療法

トレーニングや試合に対して、各選手の身体がそれぞれどのように反応し、その反応に基づいて、それぞれの選手に必要なものが何かを判断する方法をご紹介します。