サッカーのマネージメント


選手としてのキャリアを終えたばかりの若いコーチたちの多くは、トライアンドエラーによってマネージメントスキルを習得していきます。経験の浅いコーチは失敗を繰り返す度にそこから学び、そしてその経験によって困難な状況下においてもマネージメントできるようになっていきます。

ただ、残念ながらこれら初期のミスの結果のせいで多くの有望なマネージメントのキャリアがあっけなく終わってしまうことがあります。その結果、この優秀な監督は最高レベルで自分自身を証明する他の機会を得ないまま、無名のキャリアに甘んじなければなりません。

自らのマネジメントスキルの発展に投資することができるサッカー関係者は、経験の浅いコーチによるミスの大部分を避けることができるでしょう。

すべての異なる力との関係

プロサッカーにおいてもアマチュアサッカーにおいても、監督とコーチは、プレーヤー、スタッフ、クラブ役員、スポンサー、メディア、ファン等、彼らを囲むすべての異なる力を認識する必要があります。彼らはこの状況を意識できて初めて、自らの戦略的なリーダーシップを発揮することができるのです。

クラブ文化の管理

監督やコーチは、自分自身の野心とやる気がそのクラブの文化と期待、あるいはそのチームのメンタリティーとクオリティーに一致しない時、しばしばトラブルに巻き込まれます。したがって、マネージャーとコーチには、この状況をコントロールし、クラブとチーム両方を徐々に自分の方向に導く戦略的な技術が要求されます。