選手たちが試合やトレーニングに向けて最適な準備ができるよう、様々な思考がこらされていますが、シーズン中には選手は試合やトレーニングに対してそれぞれ異なる身体の反応を示します。


試合に近い高強度でのトレーニング、適切でない栄養摂取、リカバリーに対する意識の低さ、不規則な睡眠パターンなど、選手のトレーニングや試合におけるパフォーマンスに悪影響を与える因子はいくつもあります。怪我を予防し、常に最高のパフォーマンスを発揮し続けるためには、トレーニングや試合の最中、そしてその後に最適な対応を選択しなければなりません。

トレーニングに向けての準備:主観的評価

トレーニングの強度や頻度、時間の長さについて選手たちからフィードバックを得ることで、選手個人やチームの状態の目安ができるため、定期的に選手たちが質問に答えるシステムを作ります。質問の結果に基づいて、その選手の練習メニューをどう適応させるかは、もちろんその選手が試合に出ているメンバーかどうかといった要素も関係してきます。

トレーニングに向けての準備:客観的評価

選手の身体に影響を及ぼさない「非侵襲的」なテストの中には、一貫して行なうことができれば選手のコンディションの変化を浮き彫りにして見られるものがあります。こういったテストを使うことで、監督やコーチがコンディション変化の信号を示した選手に対してどう対処すべきかをデータに基づいて決断できます。さらにメディカルスタッフやコンディショニングコーチも、なぜそうした変化が現れたのかを分析することができ、チームの全選手をフィットした状態に保つために必要な情報を得ることができます。

トレーニングに向けての準備:データベース

コーチやスタッフが、個々の選手の状態を見て「危険信号」が出ているかを迅速に判断するための、シンプルで即座に使えるハイテクノロジーがあります。こういった信号システムを使うことで、全ての選手の状態を一目で、要求されたレベルまでのデータを得ることができます。